水サーバーの水の容量を比較

オフィスで使用する業務用水サーバーを比較する際には、水の容量が多いものを比較して選ぶのがおすすめです。水の量が少ない場合、より頻繁に交換する手間が必要になります。業務用の水サーバーは、水の消費量が多くなりやすいため、交換のことを考えると12L入りの大ボトルで購入することがおすすめです。

最近では、より足元に近い位置で交換できるよう、低い位置で交換できる水サーバーも出ています。交換のしやすさについてはいろいろと調べ比較して、水サーバーを選ぶようにしましょう。また、重いボトルよりも8Lくらいの容量の軽量ボトルなどが使用されている水サーバーもあります。軽量タイプのボトルであれば、より交換がしやすいといえます。

お水を多く使用するというオフィスの場合は、定額制のお水を購入することができる水サーバーを比較して選ぶのも良いでしょう。定額制なら、水の量に関わらず、毎月一定額で注文できますので、消費が多いオフィスなら水の費用がよりお得になりますのでおすすめです。また、最近では水道直結型の水サーバーなども出ており、このタイプはボトル交換の手間などがいらないということで人気が出ています。このように業務用水サーバーを選ぶ場合は、様々な点で比較検討して選ぶことが大切です。